故人の葬式をするために利用しなければいけない葬儀業者

家族葬の仕組みを把握する

家族葬のサービス内容

かつて人が亡くなると一般葬というものを執り行うのが当たり前でした。通夜、告別式、食事会を行い盛大に故人を悼み天国に送り出すのです。こうした盛大な葬儀を行わなければ、故人は成仏されず天国に行けないと信じて疑われなかったのです。しかし時代の変遷とともに価値観や経済状況も変化し、必ずしも一般葬で送り出してあげなければいけないと言う考え方は崩壊してしまったのです。現代は家族や身内だけで葬儀を行う家族葬が人気になっています。人気の秘訣は一般葬よりも安く、四分の一程度の費用で葬儀が出来てしまい、現代のデフレ経済の日本に非常にマッチしているのです。またサービス内容も多くの参列者を招待しないだけであり、内容は一般葬と変わらないのです。

類似する葬式の種類について

家族葬は費用が安いものの家族や身内が故人とじっくり向き合い、しっかりとお別れを告げることができる非常に満足度の高い葬儀なのです。参列者への回葬の挨拶や返礼品、食事やお酒の用意に忙殺されないのが何よりも魅力的なのです。またこうした家族葬に類似する葬儀のスタイルも様々あるのです。直葬というものもその一つであり、葬儀場でのお別れの式典が省かれて、即焼き場に行き天国へ送り届ける葬儀のスタイルなのです。直葬は家族葬よりもさらにその費用は安く、年金暮らしで一切蓄えが無い人などに用いられる葬儀のスタイルなのです。また散骨や樹木葬など埋葬の方法にも様々な方法が見られるようになっているのです。固定概念や昔の風習に縛られず故人の自由意思で葬儀を執り行える時代になっているのです。