故人の葬式をするために利用しなければいけない葬儀業者

お墓の管理

お墓の管理の問題について

これまでは、先祖代々の墓の管理については後を継いだ長男夫婦が守っていく形というのが一般的とされてきました。しかし、戦後の経済成長に伴う地方から都市部への人口の流出や過疎化の進展、そして少子高齢化の影響もあって、お墓を遺族が末永く管理していくことが難しい時代となりつつあります。地方に両親を残し、都市部に生活の基盤を築いた子供世帯にとって、遠く離れたお墓をしっかり管理するというのはなかなか難しい状況となっています。定年を機に地元にUターンする人もいますが、全員がそうできるわけでもありません。そうした状況を受け、霊園の側が供養や管理を責任持って行う、永代供養墓を利用する人が増えてきているといわれています。

永代供養墓の利用という選択肢について

親の側としても、残された家族がお墓の管理で苦労することを望んでいないケースが大半なので、安心して管理を依頼できる永代供養墓に人気が集まっています。一口に永代供養といっても、その管理方法や費用についてはそれぞれの霊園によって幾分異なります。そのため、事前にしっかりとその霊園が言う永代供養の内容について確認しておくことが大切になります。近年、人生の最後を締めくくるための活動を意味する終活という言葉が広まり、エンディングノートを活用する人も増えてきているといわれています。お墓の問題を含め、人生の最期をどのように迎えたいのかを自分自身でしっかりと考えをまとめ、家族としっかり話し合っておくことは非常に重要なことであるといえるでしょう。