故人の葬式をするために利用しなければいけない葬儀業者

行なう場所を考える

お葬式をどこで行うか

お葬式を執り行う際は、宗教や葬儀の形式も重要ですが、どこで行うのかという点も重要です。古くは自宅で行う自宅葬もありましたが、今は斎場で行う葬儀の方が主流です。 斎場にはいくつかの種類があります。もっとも安いのが、公営会場です。自治体で運営しているため費用が安いのが一番の特徴ですが、その分予約で埋まっていて使用できないというケースが多いのも実情です。それに比べ、民間会場であれば比較的予約が取れやすいという特徴があります。 葬儀社が持っている自社斎場という方法もあります。設備が充実していたり、新しい斎場であったりと、葬儀社によってそれぞれ特徴が異なります。また、菩提寺の併設会場で行うという方法や火葬場併設会場で行うという選択肢もあります。

事前の情報収集がポイント

地域によって数に差はありますが、お住まいの地域には大体いくつかの斎場があります。先述したような斎場の種類によっても費用は異なりますが、会場そのものの広さによっても料金は変わります。一般的には広い会場ほど使用料は高くつきます。 もっとも基準となるのは、会葬者の数に見合う会場があるかどうかという点ですが、他にもポイントはあります。たとえば、故人を偲ぶために写真や趣味の品を飾りたい、などといった葬儀に対する要望をかなえてくれるかどうかという点も重要です。遺族の控え室など設備も重要ですし、スタッフの応対も気になるところです。こうしたあらゆる面を考慮して斎場を選ぶには、やはり生前から準備を進めておく必要があります。事前相談に乗ってくれる葬儀社も多く、使用されていない時間帯であれば斎場見学も可能です。万が一の際にスムーズに対応できるように事前のリサーチがおすすめです。